体型をカバーする着こなし

レディースファッション コーデ コツ
Pocket

体型を隠すために大きめサイズを選ぶのは間違いです。
スタイルコーディネートのコツをつかめば、体型をカバーする「やせ」も可能です。
まず、目の錯覚を使ってみましょう。
同じ形の服でも、仕切線の位置によって胴回りの長さが違って見えます。
細身に見せるためには、目線を高く集めるのがポイントです。
背を高く見せたい、細く見せたいという場合は、縦のライン(ストライプ)を強調しましょう。
また、ストライプは細い方がすっきりとした効果があります。
センタープレスのパンツやサイドに縦のラインが入ったアイテムは、脚を長く細く見せる効果があります。
二の腕を細く見せたいなら、七分袖のベルスリーブがおすすめです。
細身に見せる最大かつ最速の方法は、ほっそりとした女性らしい部分を強調することです。
そのためには、手首の細さをアピールできる四分袖のアイテムがいいですね。
肩や腕の太さを感じさせない、少しゆとりのある袖が理想です。
上下ともにボリュームの少ない細身のものを選ぶのもポイント。
アルファベットの「I」の文字のように、長方形のIラインのシルエットが長めのコーディネートは、細身で長身な印象を与えることができます。
ただし、トップスが長すぎると上半身が長く見えてしまうので注意しましょう。
アルファベットの「X」の文字のようなXラインのシルエットで、メリハリのある女性らしさを演出できます。
ベルトをキュッと締めて、ウエストの細身を見せるXラインで女性らしいメリハリのあるシルエットに仕上げました。

関連記事
トラックバック
トラックバックURL