おしゃれコーデの基本配色テクニック

レディースファッション コーデ コツ
Pocket

着こなしが上手な人は、配色のコーディネートがとても上手なのをご存知ですか?
配色が得意な人は、ちょっとしたコツを知っているかどうかで洋服の配色に大きな差をつけることができます。
今まで「自分はファッションが苦手」「ファッションセンスがない」と思っていた方は、ぜひ今回ご紹介する配色のコツを身につけてみてくださいね。
洋服の配色に関しては、まず、服の色の数を2~3色に制限することです。
これにより、よりまとまりのある配色になります。
とはいえ、ワンカラーでまとめてしまうのはよくありません。
ワンカラーでワントーンコーデをするのは難しいですし、当たり障りのないコーデになってしまう危険性があります。
ベースカラーは必ず決めておきましょう。
黒でもグレーでも青でも良いので、ベースカラーの面積が多くなるように、最初にトップスやボトムスに置くようにしましょう。
次はベース、サブ、アクセントの色を合わせていきます。
配色の中で最も割合が多いのはベースカラーで、アクセントカラーは一部のみです。
これらの色のうち、ベースとアクセント、ベースとサブ、サブとアクセントのいずれかの組み合わせで配色を合わせてみてください。
例えば、濃いブルーをベースにしている場合は濃いブルーのアクセントを持ってきたり、ブラウンをベースにしている場合はバーガンディのサブを持ってきたり。
このように、色のバリエーションを最小限に抑えて、まとまりのあるコーディネートを作ることができます。
これらの基本的な配色のコツを頭に入れて、自分なりの可愛さに応用してみてくださいね。

関連記事
トラックバック
トラックバックURL